YouTubeの広告収入で稼ぐ方法。日本人トップは1億円以上の収入。

YouTube動画作成

稼げる度:★★★
難易度:★★★★

今、テレビCMで話題のHIKAKIN・マックスむらい・バイリンガール。

どれもYouTubeの動画で人気になった人達です。

普段何気なく見ているYouTubeですが、じつは「再生回数に応じて広告料が入る」ビジネスモデルなのです。

Youtubeでは「動画収益プログラム」というものがあり、そのプログラムに登録して動画をアップすると、動画再生回数に応じて、投稿者が報酬を得ることができます。

報酬の目安は、動画再生回数の10~20分の1が報酬として得られるようです。

 

今後は、副業の定番「アフィリエイト」を超える副業の手法になる可能性が高いと思われます。

■Youtubeで成功している事例をご紹介します。現在、GoogleのCMでパワープッシュしているためご存知の方も多いと思いますが、以下ご参照ください。

第1位 HIKAKIN(1億1846万4790円)

日本のYouTuberとして一番有名なのはHIKAKINさん。商品を紹介したり、ゲームを実況した動画をアップしています。

 

第2位 マックスむらい(7642万9440円)

ひたすらゲームを実況中継している動画をアップしています。

 

第3位 Kan & Aki’s CHANNEL(7452万円)

かんなちゃんとあきらちゃんという2人の女の子がおもちゃを実際に遊んで紹介したり、お菓子を作ったり、いろいろな所に出かけた時の動画がアップしています。

 

その他、CMでもお馴染み楽しく英語の学習ができる「バイリンガール」さんの動画など、Youtubeを通して、すでにタレント化している方が活躍しています。

Youtubeアフィリエイトは、個々人の個性を自由に動画でき、誰でも億万長者になれる可能性がある手法ですので、是非チャレンジしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です